思った通りにいかないセックスにはストレスが溜まってしまうもの。しかもタイミングを誤って暴発してしまえば女性からの印象はボロボロです。プリリジーで暴発を止めて、挿入してからガンガン腰を振れる男に!

未認可のジェネリック医薬品は個人輸入で購入

プリリジーは早漏防止の先発薬ですが、価格が高いのが難点でもあります。
個人輸入を利用しても1錠2,000円が相場であり、ED治療薬と比べても高くなっています。
SEXのたびに服用することを考えると、3日に1回のペースでも月に2万円もかかります。
年間24万円という出費は非常に大きいものです。

薬代を安く抑えたいなら、個人輸入代行サイトでジェネリックを探しましょう。
ダポキセチンを主成分とするジェネリックなら、プリリジーとほとんど効果に違いはありません。
最初は少ない用量で服用して、症状を確かめながら用量を増減していくのが好ましいです。
プリリジーは海外の薬であり、日本人向けには作られていません。
日本では未認可であり、クリニックで処方を受けることはできません。
そのため、医師に相談をしても、アドバイスを受けられない可能性が高いです。
医師としても未承認の薬の服用許可を出してしまい、患者に健康被害が生じたら問題となるため、服用許可は出さないはずです。
未認可の薬ゆえに、購入するときは自己責任による個人輸入を利用するしかありません。

ジェネリックの場合ですと、1錠500円未満で販売されています。
まとめ買いをすると安くなり、3分の2程度の価格まで割引されます。
ジェネリックは商品により価格が異なるので、ダポキセチンを主成分とするなら安めの商品を狙ってみるといいです。
成分が同じであれば効果にはほとんど違いがありません。
ただし、製造工程が同じではない場合、相性の問題が出てくるため、複数のジェネリックを試してから絞っていくのがいいでしょう。
先発薬のプリリジーと比べて、どちらが聞くか試してみるのもいいです。
相性によりジェネリックのほうが効くように感じる方もいるからです。